飫肥の国プレカット協同組合
組合概要
システム
進化する技術
アクセス
問合せ
トップページ

進化する技術

自動化・合理化により月産100棟の供給を実現。
今や木造住宅工法において全体の50%を超えるプレカット・システム。コンピュータを使ったCAD/CAMシステムのデータを全自動加工機に用いることにより高精度の柱や梁の供給が可能となります。さらに、現場では従来の手作業に比べ工期が1/5と大幅に短縮され、材料も無駄なく使えるということでコストダウンにもつながります。スピーディーで正確な加工技術それがプレカット・システムです。
全自動乾燥機
水分を含んだ木材は、後で狂いが生じたりするため、木材は厳しい選別の後、コンピュータ制御による大型蒸気加圧式乾燥機で十分に乾燥されます。

防腐防蟻液加圧注入器
加工後の部材を薬液に浸し内部まで浸透。さらに高圧をかけてムラなく防腐防蟻処理。従来の塗布処理に比べ材の耐久力が大幅アップ。

最終検査・出荷
加工した製品が基準に適合しているか検査し、合格した製品だけが出荷されます。製材から加工・搬送まで一貫したシステムにより、工期が大幅に短縮されます。

コンピュータ・ルーム
CDA/CAM連動型超高速コンピュータを使用し構造設計・見積/積算・工場生産管理と一貫した体制でお客様の多彩なニーズに応える。

全自動加工ライン
CADで作成された入力データをもとに連動した高速大量全自動加工ラインで12坪/hという驚異的な早さで加工を行います。
このボイラーは、端材やオガクズを800度の高温で完全燃焼させるエコ燃料のボイラー設備です。